店舗型か無店舗型のメリットとデメリット

初めて働くからこそ知っておいた方が良いことがあります。風俗にも店舗型と無店舗型があります。その違いをよく理解していた方が、安心して働くことができます。店舗型と無店舗型の違いを知っておいて、働きたいお店を選んでください。

店舗型のメリットとデメリット

店舗型は男性従業員もいますので、もし何かあった場合すぐに駆けつけてくれます。しかし壁が薄い一室の部屋でプレーをすることになりますので、声など聞こえやすい状況になります。はっきり言ってあまりプライバシーは保たれません。その覚悟を持っておかなければいけません。ファッションヘルスやピンサロ、ソープなどが代表される風俗店です。

無店舗型のメリットとデメリット

女の子がホテルや男性の部屋に派遣されるかたちになるのが無店舗型の営業スタイルです。何かあれば、すべて自分の判断で対処しなければなりません。携帯電話でお店に連絡をするにしても、対処するまで時間が掛かります。すべて自分で対処しなければならないのが大きなデメリットです。しかしプライベートが保たれ、密室で過ごすことができることから、男性にとってみればまるで恋人と過ごす空間になります。気に入ってもらえればリピーターになってもらい、多く稼げるきっかけになることがあります。またサービスもしやすい環境になりますので、リピーターの獲得度が店舗型より断然違います。デリヘルの代表的なスタイルです。
どちらにしても、風俗嬢がとても気にする身バレを根本的に解決することができません。この点においては風俗嬢になることの宿命です。限りなく身バレのリスクを避けたいのであれば、生活圏以外の街で働くことしか対策がありません。こればっかりは店舗型と無店舗型において解決策はありません。

関連する記事