稼ぎたいからこそ知りたいリスクの問題

風俗には稼ぐからこそのリスクがあります。そのリスクをまず受け入れて、その対策を練らなければなりません。初めて風俗で働くことを受け入れたのであれば、最初のうちにその対策を練っていた方が女の子にとってもメリットになります。そのリスクを知っておきましょう。

体のリスク

身体を重ね合わせ、性器を口や手で扱うわけですから、感染症のリスクがあります。コンドームを使ってサービスをすることを希望することもできますが、手や口で行うサービスにコンドームを用いることに納得する男性のお客さんの方が少ないですので、そのような制限を掛けるとてっとり早く稼げなくなってしまいます。本番をするわけではありませんので、コンドームを着用しないプレーになります。また素股などといったプレーもありますので、性器同士が触れ合います。そのようなプレーから性病に感染する可能性が高くなります。良心的なお店であれば、性病検査を定期的に行っていますので、他の人に移さないためにも女の子の身体を案じるお店で働いた方が良いでしょう。面接のときに尋ねてみましょう。

身のリスク

風俗嬢として何を恐れるのかというと、やはり身バレです。知っている人がお客さんと来ることを想像してみてください。考えるだけで混乱してしまいそうです。渋谷のような大きな街であれば、その可能性は高まります。身バレの根本的な対策は、自分の生活範囲から抜けた場所で働くことになります。どうしてもバレたくない場合は、そのような対策しかありません。その他の身バレとして、お店側がアリバイ作りをしてくれるところもあります。面接のときに尋ねておきたいことです。
代表的なリスクになりますので、それらのことを理解して、自分なりに対策を練っておくことが大切です。

関連する記事